←トップ頁へ

和名 フンカリュウ
漢字表記 噴火竜
別名・異名 ユーフォルビア・ビグエリー
古名
語源 和名は、赤花が吹き出すように開花することと、幹周辺に多数の刺が見られる事からの命名と推測される。/属名は、ローマ時代の医師Euphorbusの名に因んでいる。/種小名はフランスの植物学者René Viguierの名に因んでいる。
学名 Euphorbia viguieri 撮影地:筑波実験植物園
英名 Viguier's spurge 撮影者:東京都 中村利治 様↑
仏名 撮影者:大阪府 藤井 勝様↓
独名 撮影地:大阪府 咲くやこの花館
伊名
西名
葡名
漢名 噴火龍
植物分類 トウダイグサ科トウダイグサ属
園芸分類 多肉植物
用途 路地植え(暖地)/鉢植え
原産地 マダガスカル島
花言葉
解説 フンカリュウはトウダイグサ科の多肉植物である。樹高は1m前後程度に。幹には6稜があり、各稜には幹を守るかのように鋭い刺が多数生えている。葉は上部に数枚程度つく。葉は幾分厚味のあるほぼ楕円形で、全縁、鈍頭である。12~3月頃、茎上部の幹周囲に赤色の筒状花を5~6個まとめてつける。花は、基部は黄白色であるが、花筒の上部は赤橙色に変わり、花冠はあまり開かないが4裂する。中から黄色い雄蕊が花冠よりも長く突き出す。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花  
古典1
古典2
季語
備考