←トップ頁へ

和名 フクシア・マゲラニカ
撮影者:ポルトガル在住 武本比登志/睦子様



撮影地:ポルトガル・バイラーダ地方


 
漢字表記
別名・異名 フクシア・マゼラニカ
古名
語源 和名は、学名の音読みから。
属名は、ドイツの医師でもあり本草学者でもあったLeonhart Fuchsの名に因んでいる。
種小名は、チリのマゼラン海峡の名に因んでいる。
学名 Fuchsia magellanica
英名 Hardy fuchsia
Hummingbird fuchsia
Lady's eardrops
仏名  Fuchsia de Magellan
独名  Scharlach-Fuchsien 
伊名 Fuchsia magellanica
西名 Chilco
Aljaba
Thilco
Chilica
Chicón
Fucsia
Jazmín del papa
Palo blanco
Pendientes de la reina
Tilca
葡名 Brincos-de-princesa
漢名 倒挂金鐘
植物分類 アカバナ科フクシア属
園芸分類 常緑低木
用途 路地植え(垣根)/鉢植え/食用(果実)/品種改良母種
原産地 アルゼンチン~チリ
花言葉 信頼した愛
解説 フクシア・マゼラニカは、アカバナ科の常緑樹である。樹高は降霜の無い地では3m程度となる。降霜のある地では1.2~1.5m程度となる。葉は長さ2.5~6㎝、幅1~2㎝程度の楕円状で枝に対生する。6~9月頃、枝先に長い花茎を伸ばし、概して弧を描くように下垂して、赤色で4裂し、反り返った萼片の下に赤色の通常花をつける。花の長さは3㎝程度で、花冠は4裂し、中から雄蕊や雌蕊が長く突き出る。花後には長さ10~15㎜程度で楕円状の果実をつける。本種はミツバチ・チョウ・ハチドリ等によって交配される。
履歴 本種は、世界各地で帰化状態にある。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考