←トップ頁へ

検索名 フクシア
和名 ツリウキソウ
漢字表記 釣浮草
別名・異名 フクシア/ホークシャ
古名
語源 和名は、花姿から。/属名は、ドイツの医師でもあり本草学者でもあったLeonhart Fuchsの名に因んでいる。
学名 Fuchsia × hybrida
英名 Ledies' Eardrops
仏名  fuchsia   
独名  Fuchsien 
伊名 Fucsia
西名 Fucsias,Aretillos,Pendientes de la Reina
葡名 Fúchsia,Fúcsia
漢名 倒挂金鐘
植物分類 アカバナ科フクシア属
園芸分類 常緑低木
用途 路地植え/鉢植え
原産地 メキシコ~アルゼンチンのパタゴニアにかけてのアメリカ大陸/西インド諸島/ニュージーランド/タヒチ島
花言葉 信頼した愛
解説 ツリウキソウは、アカバナ科の常緑樹である。和名よりも、園芸界ではフクシア(ホークシャ)の名で一般的に流通している。学名の項でお分かりとは思うが、原種として流通している種はなく、ほとんどが園芸的に作出された品種ばかりである。そして、園芸品種は多数に上る。一重咲き種、八重咲き種、花色も多彩である。
履歴 フクシアが初めて文献にのったのは、1703年とされている。フランス人のイエズス会修道士C・プルミエの『ノバ・プランタルム・アメリカナルム・ゲネラ』に、Fuchsia triphylla flore coccineoと記載されている。/我が国へは昭和初年に渡来している。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考