←トップ頁へ

和名 フクロミモクゲンジ
漢字表記 袋実木欒子
別名・異名 マルバモクゲンジ(丸葉木欒子)/フクワバモクゲンジ(復羽葉木欒子)
古名
語源 和名は、袋状の果実をつけるモクゲンジの意。/属名は、ドイツの植物学者Joseph Gottlieb Koelreuterへの献名/種小名は「2回羽状複葉の」の意。
学名 Koelreuteria bipinnata
英名 Chinese golden raun tree,
Chinese falme tree
仏名
独名
伊名
西名
葡名 撮影者:東京都 山口米子様
撮影地:小石川植物園
漢名 復羽葉栾樹
植物分類 ムクロジ科モクゲンジ属
園芸分類 落葉高木
用途 寺院樹/数珠玉(種子)/用材(小器具)/染料(花)/薬用(花)
原産地 中国
花言葉
解説 フクロミモクゲンジは、ムクロジ科の落葉高木である。樹高は20m程度に。葉は2回羽状複葉で枝に互生する。小葉の縁部は若葉の内には鋸歯が見られるが、成葉になるとそれも消えて全縁となる。葉の先端部は鋭頭となる。9月頃、大形の円錐花序を出し、黄色い小花を多数つける。花は4個の花弁を持ち、後方に反り返る。花弁の基部は赤色となる。果実は径4㎝程度の袋状。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考