←トップ頁へ

和名 フクリンアラリア  
漢字表記 覆輪アラリア
別名・異名 ポリシャス(ポリスキアス)・スクテラリア‘マルギナタ’
古名
語源 属名は、ギリシャ語のpolys(=多い)とskia(=影)の合成語からで、葉が多く出て、影をたくさんつくることから。/種小名は「杯状の、平皿状の」の意。
学名 Polyscias scutellaria 'Marginata' (=P. balfouriana 'Marginata')
英名
仏名  
独名
伊名 とちぎ花センターにて
西名
葡名
漢名
植物分類 ウコギ科タイワンモミジ属
園芸分類 常緑中高木
用途 路地植え:生け垣(暖地)/鉢植え(観葉植物)
原産地 ニューカレドニア(園芸種)
花言葉
解説 フクリンアラリアはウコギ科の常緑樹である。本種は、ニューカレドニア原産のポリスキアス・スクテラリア(Polyscias scutellaria)から作出された葉に白斑の入る園芸品種である。母種は熟8m程度まで成長すると言う。葉は単葉と3出複葉とが入り交じる。葉形は円形~広卵形で、葉縁には不規則な鈍鋸歯序の切れ込みが見られる。葉は革質で幾分厚味があり、長い葉柄を持ち、茎に互生する。本種の場合、葉縁部分に掲載した写真に見られるような白斑模様が入る。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考