←トップ頁へ

和名 フッキソウ
撮影者:沖縄県 田中 勝様↑
撮影地:長野県上高地↓/撮影:GKZ
 撮影者:千葉県 三浦久美子様↓
漢字表記 富貴草
別名・異名 キチジソウ(吉字草)/
キチジョウソウ(吉祥草)
古名 撮影地:神戸市内→
語源 和名は、非常に旺盛に生育して縁起の良いところから。/属名は、ギリシャ語のpachys(=太い)とandros(=雄蘂)の合成語で、雄蘂の花糸が太いため。/種小名は「頂生の」の意。
学名 Pachysandra terminalis
英名 Pachysandra
Japanese Pachysandra
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 頂花板凳果、富貴草
植物分類 ツゲ科フッキソウ属
園芸分類 常緑低木
用途 路地植え(下草・グランドカバー)
原産地 日本/東アジア/北アメリカ
花言葉 祝意・良き門出
解説 フッキソウは、ツゲ科の常緑低木である。樹高は20~30㎝程度。葉はヘラ形で、先端部の縁に欠刻がある。長さは3~8㎝で、輪状に互生する。4~5月頃に茎頂に白色の小花を見せる。日陰にも強く、良く育つので、木の下などの下草には最適な植物である。 
履歴 撮影地:小石川植物園→
県花・国花 山梨県:忍野村花
古典1
古典2 『物品識名』
季語
備考
   撮影者:千葉県三浦久美子様↓
 撮影地:東京国立博物館庭園↓  撮影地:皇居東御苑↓