←トップ頁へ

和名 フジイバラ
 撮影者:東京都 中村利治様↑

↑撮影者:東京都 山口米子様↓

撮影地神代植物園
 
撮影者:千葉県 三浦久美子様↓

撮影地:大船植物園↑  
漢字表記 富士茨
別名・異名
古名 撮影地神代植物園
語源 和名は、富士山に見られるイバラの意から。/属名はケルト語のrhodd(=赤)がギリシャ語に入ってrhodon(=バラ)となり、ラテン古語ではrosa(=バラ)となっている。つまり、本来的には「赤色」を語源としている。/種小名は「採集家ルイシア夫人の」の意。/変種名は「富士山の」の意。
 学名 Rosa luciae var. fujisanensis
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 バラ科バラ属
園芸分類 落葉小高木
用途 路地植え/鉢植え
原産地 日本(本州:富士山、箱根、紀伊半島)、四国
花言葉 素朴なかわいらしさ
解説 フジイバラはバラ科の落葉樹である。概して本州並びに四国の太平洋側の山地に自生の見られる野生のバラである。幹は太く直立し樹高は2m前後程度に。枝には鋭い刺がある。葉は奇数羽状複葉で、葉質は薄い。小葉は2~4対で、葉の表面には光沢がある。葉は短い葉柄を持ち、葉縁には細かい鋸歯があり、尖端は尖る。6~7月頃、散房花序に白色の5弁で、花冠の径2~3㎝の花をつける。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考