←トップ頁へ

和名 フジボタンシダレ
撮影者:東京都 山口米子様 
   
漢字表記 藤牡丹枝垂れ
別名・異名
古名
語源 和名は、枝垂れ性のウメで、藤色にも見える八重咲きの花をつけることからの命名か。/属名は「アルメニアの」の意。/種小名は「豊後の」の意。
学名 Armenica Mume Var. Bungo 'Fujibotan-Shidare'(=Prunus Mume Var. Bungo 'Fujibotann-Shidare')
英名
仏名
独名 撮影地:大田区・池上庭園
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 バラ科アンズ属(←サクラ属)
園芸分類 落葉高木
用途 路地植え
原産地 日本
花言葉 高潔・忠義
解説 フジボタンシダレは、バラ科の落葉樹である。本種は、鑑賞梅の中でも豊後系の園芸品種である。樹高は1~3m程度となる。葉は大形の丸葉で、表面に短毛を見せる。花は、一般のウメよりも大きく、萼片は反り返り、萼筒が壺形になっている。花径は2.5~3㎝程度の八重咲きで、花色は淡紅色である。概して豊後系のウメの場合、開花期は一般のウメよりも遅咲きとなり、2~3月頃となる。            
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語 春(梅)  
備考