←トップ頁へ

和名jp フジベニウツギ
撮影者:千葉県 三浦久美子様
漢字表記 富士紅空木
別名・異名
other name
古名
old name
語源
etymology
和名は、富士山に産し、紅色の花をつけるウツギの意。
属名は、ドイツの科学者Christian Ehrenfried von Weigelへの献名。
種小名は「富士山の」の意。
品種名は「バラ色の」の意。
学名sn Weigela fujisanensis var. rosea
英名en
仏名fr
独名de
伊名it 撮影地:大阪市立大学植物園
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 スイカズラ科タニウツギ属
園芸分類 落葉低木
用途use 庭木/公園樹
原産地
distribution
日本(静岡県・山梨県)
花言葉 移り気
解説
description
フジベニウツギはスイカズラ科の落葉樹ある。本種は、ヤブウツギとニシキウツギとの自然交雑種と推測されている。樹高は、1~3m程度となる。葉は、長さ6~10㎝程度の長楕円形~倒卵状長楕円形で、縁部には微鋸歯があり、先端部は尾状に尖り、基部では短い葉柄に連なり枝に対生する。5~6月に、新枝の葉腋に総状花序を出し、紅赤色で長さ3㎝程度の漏斗状鐘形の花を数個付ける。花冠は5裂しする。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考