←トップ頁へ

検索名  フイリペディランサス   
和名 ダイギンリュウ
↑撮影者:東京都 中村利治様↓
撮影地:対・バンコク ルンピニー公園

漢字表記 大銀竜
別名・異名 斑入りジグザグプランツ/斑入りデビルズバックボーン/斑入りペディランサス
古名
語源 和名命名の語源不詳。/属名は、ローマ時代のモーリタニアの医師Euphorbusの名に因んでいる。/種小名はローマ時代の軍事家であり学者であったプリニウスが『博物誌』の中で、ニワトコの古名として用いたTithymalusを語源とし、種小名の意味は「ニワトコに似ている」の意。/変種名は「斑入りの」の意。
学名 Euphorbia tithymaloides 'variegatus'(=Pedilanthus tithymaloides 'variegatus')
英名 Variegated Devil's bckborn,Japanese Poinsettia,Slipper spurge,Redbird cactus,Christmas candle
仏名 Pantouflier,Echine du Diable
独名 Teufelsrückgrat
伊名 Pedilantos
西名 Cacto cardenal,Cacto zapatilla
葡名 Sapatinho-do-diabo,Picão,
Dois-irmãos,Sapatinho-de judeu,Sapatinho-dos-jardins,
Pedilanto,Planta-zigue-zague
漢名 孔雀珊瑚
植物分類 トウダイグサ科トウダイグサ属(←ペディランサス属 
園芸分類 低木状多肉植物
用途 鉢植え(観葉植物)
原産地 園芸作出品種
花言葉
解説 ダイギンリュウは、トウダイグサ科の低木状多肉植物である。学名から理解できるように英名で、ジグザグ・プラントと呼ばれているEuphorbia tithymaloidesから作出された葉に白斑の入る園芸品種である。茎は、節ごとにジグザグに折れ曲がりながら成長する特徴を有している。葉は披針形で、全縁であるが、縁部は緩やかな波を打ち、先端部は尖り、茎に互生する。葉には緑の部分が無くなるほど大きく白斑が入る。掲載した写真(右)は、冬場の紅葉時のものである。樹高は、30㎝~1.5m程度。本種は、茎に傷をつけると乳状の液体を出すが、皮膚に触れるとかぶれる。花姿に関してはペディランサスの頁を参照下さい。
履歴 わが国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1 撮影地:国営沖縄記念公園内
古典2 熱帯ドリームセンター
季語 撮影:GKZ→
備考