←トップ頁へ

和名 フイリキャッサバ
漢字表記 斑入りキャッサバ
別名・異名
古名
語源 和名のキャッサバ(Cassava)は、カリブ海のハイチ付近の原地名を語源としている。また、別名のマニオク(manioc)はブラジルでの原地名を語源としている。/属名はブラジルでの原地名maniocから。/種小名は「食用の」の意。/品種名は「斑入りの」の意。 撮影者:東京都 中村利治様  
学名  Manihot esculenta 'variegata' 
英名 Variegated tapioca
仏名 Manioc à feullage panaché
独名 撮影地:タイ・アンパワー
伊名
西名 Variegata tapioca
葡名
漢名 花葉木薯
植物分類 トウダイグサ科マニホット属
園芸分類 落葉低木
用途 食用/飼料/路地植え/鉢植え
原産地 メキシコ~ブラジル
花言葉
解説 フイリキャッサバは、トウダイグサ科の落葉低木である。樹高は1.5~4m程度に。葉は掌状に深く3~7裂する。葉には無毛で、花柄は赤味を帯びている。本種の場合、葉に白色の斑模様がはっきりと入る。地下に大きな紡錘形の芋を生じる。芋は最大で長さ70㎝程度、直径20㎝程度にも及ぶという。この芋を食用とするために熱帯圏では栽培されている。栽培は非常に簡単で、茎を20~40㎝程度に切って土中に差し込んでおくだけで発根し、数年後には収穫が可能となるとのことである。乾燥にも強く、またあまり土質を選ばず栽培可能と言うことである。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考