←トップ頁へ

和名 フイリヒメアスナロ  撮影者:東京都 山口米子様
 撮影地:神代植物公園↑
漢字表記 斑入り姫翌檜
別名・異名
古名
語源 和名は、葉先に斑模様が入るヒメアスナロであることから。/属名は、Thuja(=常緑樹で樹脂を出すある種の植物の古名)とopsis(=似た)の合成語。/種小名は「斧状の」の意。/品種名は「斑入りの」の意。
学名 Thujopsis dolabrata cv. variegata
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 ヒノキ科アスナロ属
園芸分類 常緑高木
用途 路地植え
原産地 園芸作出品種(日本)
花言葉
解説 フイリヒメアスナロは、ヒノキ科の常緑樹である。アスナロの変種と見なされているヒノキアスナロからの斑入り葉品種である。「姫」の文字からも推測可能であるが、矮性種で、樹高は1~2m程度となる。樹皮は赤褐色で、良く分枝をし、全体的な樹形は半球形に仕上がる。葉は鱗状に密着して枝に十字対生する。葉の表面には光沢があり、葉裏の気孔帯部位は白色となる。本種の場合、枝先の葉の葉に白色の斑模様が入る。アスナロと比較して葉はやや小型で、球果も小さく、丸味がある。果鱗の突起も僅かである。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考