←トップ頁へ

和名 フイリハクチョウゲ
漢字表記 斑入り白丁花
別名・異名
古名
語源 和名は、丁字咲きで白色の花の意。/属名は、18世紀スペインの植物学者セリサの名に因んでいる。/種小名は「日本の」の意。(実際は日本には自生しない。)/品種名は「斑入りの」の意。
学名 Serissa japonica 'variegata'
英名 Snowrose, Tree of a thousand stars, Japanese Boxthorn; Serissa japonica.
仏名
独名
伊名 千葉県館山市にて
西名
葡名
漢名 六月雪
植物分類 アカネ科ハクチョウゲ属
園芸分類 常緑低木
用途 路地植え(植え込み・生け垣)/薬用(根)
原産地 中国/台湾/インドネシア
花言葉 純愛
解説 フイリハクチョウゲは、アカネ科の常緑樹である。ハクチョウゲの斑入り葉品種である。樹高は60㎝程度に。枝に密生する葉は楕円形で、小さく、光沢を見せ、全縁、先端は幾分尖る。5月頃径1㎝程度の小さな花を見せる。花色は白または淡紫紅色で、花形は漏斗形。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考