←トップ頁へ

和名jp フイリアシスタシア
漢字表記 斑入りアシスタシア
別名・異名
other name
アシスタシア・ガンゲティカ・ヴァリエガータ
古名
old name
語源
etymology
和名は、葉に斑模様が入るAsistasia ganngetica種であることから。
別名の「コロマン草」とは、英名のcoromandelに由来しているものと推測される。
属名は、「矛盾する、相違する」の意で、他のキツネノマゴ科の植物と花冠の様子が異なることから。
種小名は「ガンジス河の」の意 。
品種名は「斑入りの」の意。
学名sn Asystasia gangetica 'Variegata'
撮影者:東京都 山口米子様 

撮影地:神代植物公園     
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 キツネノマゴ科アシスタシア属
園芸分類 常緑低木
用途use 路地植え(暖地)/鉢植え/食用・薬用(若葉)
原産地
distribution
園芸作出品種
花言葉 愛の喜び
解説
description
フイリアシスタシアは、キツネノマゴ科の常緑樹である。本種は、アシスタシア・ガンゲティカ種の葉に白斑模様の入る品種である。樹高は、1~1.5m程度となる。葉は卵形~ほぼ円形で枝に対生する。通年開花性の樹木で、花は3~4㎝程度の筒状花であり、花色は赤紫、青紫、白等と多彩である。 
履歴
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考