←トップ頁へ

和名 フイリアセビ
漢字表記 斑入り馬酔木
別名・異名
古名
語源 和名は、葉に白斑模様が入るアセビの意。/属名は、ギリシャ神話の女神ピーエリスの名に因んでいる。/種小名は「日本の」の意。/品種名は「斑入りの」の意。
学名 Pieris japonica cv. variegata
英名
仏名
独名 拙庭にて
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 ツツジ科アセビ属
園芸分類 常緑低木
用途 路地植え/鉢植え
原産地 日本(本州・四国・九州)
花言葉
解説 フイリアセビはツツジ科の常緑樹である。本種は、アセビの斑入り葉品種である。樹高は3m程度までに。葉は幾分厚味があり、長さ2~3㎝の広倒披針形で、縁には鋸歯があり、先端は尖る。本種の特徴は、葉が白色の斑模様で縁取られる事である。2~3月頃、枝先の葉腋から総状に紅色で壺型の花を多数下垂する。花冠は5裂する。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考 有毒植物:葉や茎にアセボトキシンという有毒物質を含んでいる。