←トップ頁へ

和名 フイリナツグミ
漢字表記 斑入り夏茱萸
別名・異名
古名
語源 和名は、夏に食べられるグミの意。/名は、elaia(=オリーブ)とagonos(=セイヨウニンジンボク)の合成語で、「オリーブの果実」を持ち、「セイヨウニンジンボク」の葉を持つ樹木の意。/種小名は「多花の」の意。
学名 Elaeagnus multiflora thumb.
英名 gumi/cherry elaeagnus
仏名
独名
伊名 茨城県立植物園にて
西名
葡名
漢名 木半夏
植物分類 グミ科グミ属
園芸分類 落葉小高木
用途 食用(液果)/用材(杖)
原産地 園芸品種
花言葉 野生の美
解説 フイリナツグミは、グミ科の落葉樹である。樹高は3~5m程度に。若枝は、赤褐色の鱗片に覆われる。葉は楕円形、卵形、倒卵状楕円形等、長さは3~10㎝。上面には星状鱗片があるが、やがて無毛となる。葉に鮮やかな黄色味を帯びた白斑が入るのが特徴。4~5月頃に開花する。果実は、7型8月に紅熟する。長さ2㎝前後の長楕円形。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考