←トップ頁へ

和名 フタカミ
漢字表記 二上
別名・異名
古名
語源 和名の語源不詳/属名はギリシャ神話の医師パイエーオンの名に由来している。根に薬効があるため。/種小名は「亜低木状の」の意。
学名 Paeonia suffruticosa 'Futakami'
英名    撮影者:東京都 中村利治様 
仏名
独名
伊名 撮影地:西新井大師
西名
葡名
漢名
植物分類 ボタン科ボタン属
園芸分類  落葉低木 
用途 庭園樹/鉢植え
原産地 園芸作出品種(日本)
花言葉 はじらい/富貴/壮麗
解説 フタカミはボタン科の落葉樹である。所謂ボタンの園芸品種であり、我が国で作出されている。樹高は1~1.5m程度。。葉は、2回3出複葉で、葉柄を持ち、その基部は茎を抱き、枝に互生する。小葉は卵形で、縁部は全縁、先端部は尖り、葉の上部で3~5浅裂することもある。新年枝並びに葉柄は赤味を帯びる。更に葉の表面がうっすらと赤味を帯びている。4~5月頃新年枝の先に径15㎝前後程度の八重咲き花を見せる。花色は淡当白色で、花弁の基部、つまり花の中心部は仄かに底紅状となる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語 夏(牡丹)
備考