←トップ頁へ

和名 フローレンス・ナイチンゲール
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は、品種名から。/属名はケルト語のrhodd(=赤)がギリシャ語に入ってrhodon(=バラ)となり、ラテン古語ではrosa(=バラ)となっている。つまり、本来的には「赤色」を語源としている。/品種名は、フィレンツェ生まれのイギリスの看護婦で、クリミヤ戦争地に傷病兵の看護にあたったFlorence Nightingaleの名に因んでいる。
学名 Rosa 'Florence Nightingale'
英名 Florence Nightingale
仏名
独名 撮影者:東京都 山口米子様
伊名 撮影地:皇居東御苑
西名
葡名
漢名
植物分類 バラ科バラ属
園芸分類 落葉低木
用途 路地植え/鉢植え
原産地 園芸作出品種(イギリス)
花言葉
解説 フローレンス・ナイチンゲールはバラ科の落葉樹である。所謂フロリバンダ系の品種であり、樹高は80㎝程度となる。葉は奇数羽状複葉で小葉は2~4対がつく。小葉は卵形~卵状楕円形で、基部は長い葉柄に連なり、縁部には刺状の鋸歯が多数あり、先端部は尖る。葉の表面には光沢がある。四季咲き種であり、八重咲き、花弁の表面は白色で、裏面は微桃色の花をつける。開花時には芳香を放つ。
履歴 本種は、ジュネーヴに本部を置く「フローレンス・ナイチンゲール国際基金」発足75年を記念して、イギリスのDouglass Gandyが1989年によって作出されている。所謂アニバーサル・ローズと言うことになる。本種は、国際看護士協会を通じて美智子皇后に贈られている。皇后は、本種を広く一般の国民の目に触れるようにと願って、天皇陛下とご一緒に平成21年(2009年)9月に皇居東御苑にお手植えされている。現在は一般公開されている。
県花・国花     
古典1  
古典2  
季語  
備考