←トップ頁へ

和名 フジノユキ
撮影者:東京都 山口米子様
  撮影地:神代植物公園
漢字表記 不二の雪
別名・異名
古名
語源 和名は、花色からの命名か。
名は、17世紀チェコスロバキアの宣教師でマニラに滞在し東洋の植物を採集したことで知られるG・J・カメルスの名に因んでいる。
種小名は和名から。
学名 Camellia sasanqua 'Fuji-no-yuki'
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 ツバキ科ツバキ属
園芸分類 常緑小高木
用途 庭園樹/庭木/垣根
原産地 園芸品種(日本・熊本)
花言葉 理想の恋い(白)/謙遜(赤)
解説 フジノユキはツバキ科の常緑樹である。本種は、肥後サザンカ群の中から選抜された園芸品種である。樹高は5m前後程度となる。開花時期は11~12月頃。蕾時には桃紅色であるが開花すると、白色で中から黄色い雄蕊群が出てくる。花はサザンカとしては中輪種で、咲き方は八重咲き~千重咲きとなる。
履歴 本種は、津田又三郎氏により選抜され「不二の雪」と命名されている。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考