←トップ頁へ

和名 フジノアケボノ
漢字表記 富士の曙
別名・異名
古名
語源 和名は花色と艶やかな花姿を大津絵のの画題となっている藤の模様の入った着物を着て舞う娘に見立てたものか?/属名はギリシャ神話の医師パイエーオンの名に由来している。根に薬効があるため。/種小名は「亜低木状の」の意。
学名 Paeonia suffruticosa 'Fujinoakebono'
英名    撮影者:東京都 中村利治様 
仏名
独名
伊名 撮影地:西新井大師
西名
葡名
漢名
植物分類 ボタン科ボタン属
園芸分類  落葉低木 
用途 庭園樹/鉢植え
原産地 園芸作出品種(日本)
花言葉 はじらい/富貴/壮麗
解説 フジノアケボノはボタン科の落葉樹である。所謂ボタンの園芸品種であり、我が国で作出されている。樹高は1~1.5m程度。。葉は、2回3出複葉で、葉柄を持ち、その基部は茎を抱き、枝に互生する。小葉は卵形で、縁部は全縁、先端部は尖り、葉の上部で3~5浅裂することもある。葉幅は幾分細くなり、下垂気味となる傾向を見せる。4~5月頃新年枝の先に径15㎝前後程度の八重咲き花を見せる。花色は鮮紅紫色で、花弁は広く半抱え咲きとなる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語 夏(牡丹)
備考