←トップ頁へ

検索名  フォッサギラ・マヨール 
↑撮影:GKZ/館林市/植栽品↓

撮影者:千葉県 三浦久美子様↓

撮影地:東山植物園


和名jp シロバナマンサク
漢字表記 白花万作
別名・異名
other name
フォッサギラ・マヨール
フォッサギラ・モンティコラ
ホザキマンサク(穂咲満作)
古名old name
語源
etymology
和名の白花のマンサクの意。
属名は18世紀イギリス人医師であり、植物収集家であったJohn Forthergillの名に因んでいる。
種小名は「大きな」の意。
学名sn Fothergilla major(=Fothergilla monticola)
英名en Large forthergilla
Witch alder
Alabama Fothergilla
仏名fr Grand fothergilla
独名de Hoheer Federbuschstrauch
Großer Federbuschstrach
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 マンサク科ハンノキモドキ属
園芸分類 落葉低木
用途use 路地植え/鉢植え
原産地
distribution
北米
花言葉
解説
description
シロバナマンサクは、マンサク科の落葉樹である。株立ち状となり、樹高は1m前後に。葉は、菱形状の楕円形または扁倒卵形で、枝に互生する。葉には厚味があり、先端は鈍頭、葉の縁には緩やかな鋸歯がある。葉の表面は葉脈が落ち込むのでしわ状に見える。4月頃、枝先にブラシ状の白花を開花する。秋の紅葉も見事である。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考