←トップ頁へ

和名 フィロテカ・スピカータ
漢字表記
別名・異名 エリオステモン・スピカータ
古名
語源 和名は、旧属名の音読みから。/属名はギリシャ語のphilos(=愛する)とtheke(=箱)の合成語から。/種小名は、「穂状花序の」の意。
学名 Philotheca spicata
(=Eriostemon spicata)
英名 Pepper and salt
仏名
独名
伊名 撮影者:愛媛県 日原由紀子様
西名  撮影地:西オーストラリア州 
葡名 ホワイトマンパーク
漢名
植物分類 ミカン科フィロテカ属
園芸分類 常緑低木
用途 路地植え(暖地)/鉢植え/精油
原産地 オーストラリア
花言葉 可愛らしさ・繊細
解説 フィロテカ・スピカータはミカン科の常緑樹である。本種は、西オーストラリア州のインド洋に面した沿海地でマルバユーカリやバンクシア等の樹林下に自生する灌木である。樹高は0.2~0.6m程度まで。若茎や葉裏には白色の軟細毛が密生する。葉は、長さ2㎝、幅3~10㎜程度の狭楕円状で全縁、革質、表面には光沢があり、枝に互生する。葉には芳香がある。6~11月頃、枝先に穂状花序を出し、桃紫色の5弁花を多数付ける。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考