←トップ頁へ

検索名  フィランツス・プルケール   
和名 オオミカンソウ
↑撮影者:東京都 中村利治様↓

撮影者:愛媛県 日原由紀子様↓
 
漢字表記 大蜜柑草
別名・異名 ハナハノキ(花葉木)/ワーン・トラサーニ(タイの現地名)/フィランツス・プルケール 
古名
語源 和名は、同属のコミカンソウに対して本種は大形であることから。/属名は、ギリシャ語でphyllon(=葉)とanthos(=花)の合成語で、花が葉状に広がった枝に付くことから。/種小名は、「美しい」の意。
学名 Phyllanthus pulcher
英名  Gale of the wind,
Troopical leaf flower 
仏名   
独名   
伊名
西名 撮影地:タイ・カオヤイ国立公園
葡名
漢名 雲桂葉下珠
泰名  ว่านธรณีสาร
植物分類 コミカンソウ科(←トウダイグサ科)コミカンソウ属
園芸分類 常緑低木
用途 路地植え/鉢植え/薬用
原産地 中国~東南アジア
花言葉
解説 オオミカンソウは、コミカンソウ科(←トウダイグサ科)の常緑樹(或いは半落葉樹)である。樹高は1~1.5m程度。幹から出た小枝の両側に長さ1~3㎝程度で卵形の葉を規則正しく密着して互生する。したがって、遠目には複葉状体に見える。花は通年開花をし、雌雄同株ではあるが雌雄異花である。花色は赤紫色で、雄花は花冠が4裂し、雌花は花冠が6裂し、2㎝程度の花柄の先に下垂する。花後には径3㎜程度の果実をつける。近年我が国の園芸界ではハナハノキ(花葉木)の名で流通を見ている。 
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語  撮影地:牧野植物園↑
備考