←トップ頁へ

和名 フィランサス・コチンチネンシス
↑撮影者:東京都 中村利治様↓

撮影者:千葉県三浦久美子様↓
漢字表記
別名・異名 フィラントゥス・コチンチネンシス
古名
語源 和名は学名の音読みから。/属名は、ギリシャ語のphyllon(=葉)とanthos(=花)の合成語から。/種小名は「日本の」の意。/品種名は「交趾支那(現在のヴェトナム辺)の」の意。
学名 Phyllanthus cochinchinensis
英名 Vietnam leaf-flower
仏名
独名
伊名 撮影地(全図):筑波実験植物園
西名
葡名
漢名 越南葉下珠、鐵包金
植物分類 コミカンソウ科(←トウダイグサ科)コミカンソウ属
園芸分類 常緑低木
用途 鉢植え
原産地 東南アジア
花言葉
解説 フィランサス・コチンチネンシスはコミカンソウ科の常緑樹である。株立ち状となり、樹高は3m程度に。樹皮は黄褐色~灰褐色であるが、若枝は赤味を帯びていて、軟毛に覆われる。葉は幾分厚味のある楕円状で、全縁、鈍頭、枝に互生する。葉長は1~2㎝、葉幅は0.6~1.3㎝程度で、短い葉柄を持つ。葉腋には2本の刺がある。7~8月頃、葉腋から長い花柄を下垂し、その先に淡黄白色の6弁花をつける。花後には径5㎜程度で球状の果実が赤熟する。雌雄異株。本種はキバガの1種が花粉を運び受粉をするという。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考