←トップ頁へ

和名 フィランサス・カリキヌス
撮影者:愛媛県 日原由紀子様
撮影地:西オーストラリア州
ムーア・リヴァー国立公園↓
漢字表記
別名・異名 フィラントゥス・カリキナス
古名 雌花→
語源 和名は学名の音読みから。/属名は、ギリシャ語のphyllon(=葉)とanthos(=花)の合成語から。/種小名は「萼状の」の意。
学名 Phyllanthus calycinus
英名 False Boronia
仏名
独名 撮影地:
伊名 ムーア・リヴァー国立公園→
西名
葡名
漢名 撮影地:ヤンチャップ公園→
植物分類 コミカンソウ科(←トウダイグサ科)コミカンソウ属
園芸分類 常緑低木
用途 鉢植え
原産地 オーストラリア
花言葉 雄花→
解説 フィランサス・カリキヌスはコミカンソウ科の常緑樹である。本種は、オーストラリア西部のインド洋に面した沿海地の砂壌地に自生の見られる雌雄異花(雌雄異株の場合もあれば、雌雄同株の場合もあると言う。)の灌木である。樹高は0.2~1.2m程度となる。葉は、表面に幾分白粉を吹いた緑色で、全縁、先端部は鈍頭~刺状突起となり、基部は枝につき互生する。原産地のオーストラリアでは、6~12月頃、枝先の葉腋から、長い花柄の先に、蕾時はピンクで、開花時には白色~クリーム色の花を下垂する。雌花は、径6㎜程度の6弁花であり、花弁は楕円状で基部は緑色となる。中央の雌蘂の柱頭は3裂する。雄花は同色ではあるが花弁の先端部が幾分細長くなる。花後の果実は、径5㎜程度の球形である。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考