←トップ頁へ

和名  フィゲリウス・アエクアリス 'レッド・エンペラー'  
漢字表記
撮影者:千葉県 三浦久美子様 
別名・異名
古名
語源 和名は、学名の音読みから。/属名は、ギリシャ語からで「日の高まり」の意。/種小名は「類似している、等しい」の意。
学名 Phygelius aequalis 'Red Emperor'
英名
仏名
独名
伊名 撮影地:筑波実験植物園
西名
葡名
漢名
植物分類  ゴマノハグサ科フィゲリウス属 
園芸分類 常緑低木
用途 路地植え/切り花
原産地 園芸作出品種(作出国:オランダ)
花言葉
解説 フィゲリウス・アエクアリス 'レッド・エンペラー'はゴマノハグサ科の常緑樹である。本種は、アフリカ原産のPhygelius aequalis種からオランダで作出された赤花の園芸品種である。茎は直立し、途中で疎らに分枝をし、樹高は70p程度となる。葉は卵状楕円形で、縁部には鋸歯があり、先端部は尖り、基部には短い葉柄がつき茎に対生する。7〜9月頃、長い花茎を茎頂に伸ばし、円錐花序を出し、赤色の筒状花を多数下垂する。花冠は5裂し、蕊は花冠より長く突き出る。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考