←トップ頁へ

和名 フィーカス・ウンベラータ
漢字表記
別名・異名 フィカス・ウンベラータ
古名
語源 和名は、学名の音読みから。/属名は、イチジクに対するラテン古名から。/種小名は「散形花序の」の意。
学名 Ficus umbellata Vahl
英名
仏名
独名 あまり参考にならない写真で
伊名 申し訳ありません。
西名
葡名
漢名
植物分類 クワ科イチジク属
園芸分類 常緑小高木
用途 路地植え(温室栽培)/鉢植え
原産地 熱帯アフリカ
花言葉 茨城県立植物園にて
解説 フィークス・ウンベラータは、クワ科の常緑樹である。本種は、熱帯アフリカの低地降雨林自生する。樹高は105m以上に達する。葉は長さ30㎝、幅20㎝程度のハート型で、枝に互生する。一般に我が国でゴムノキの名で観葉植物として親しまれている種とは、相違して、葉形がハート型になる点、また葉質が、柔らかく、薄質である点等が大きな水天である。本種の葉の場合、葉脈部が裏面に葉込みを見せるために、裏面は凹凸が出る。近年我が国でも観葉植物として流通を見ている。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考