←トップ頁へ

検索名  フィークス・リラータ   
和名 カシワバゴムノキ
漢字表記 柏葉護謨樹
別名・異名 フィークス・リラータ
古名
語源 和名の葉がカシワににているゴムノキの意。/属名はイチジクに対するラテン古名。/種小名は「琴のような」の意。
学名 Ficus lyrata(=Ficus pandulata)
英名 Fiddle-leaf fig
仏名
独名 撮影地:タイ・ホア・ヒン
伊名    ↑ 撮影者:東京都 中村利治様↓
西名 撮影:GKZ/とちぎ花センターにて↓ 
葡名
漢名 琴葉榕
泰名  ไทรใบสัก 
植物分類 クワ科イチジク属
園芸分類 熱帯性常緑高木
用途 観葉植物
原産地 熱帯アフリカ
花言葉   
解説  カシワバゴムノキはクワ科の常緑樹である。熱帯アフリカの低地に構成される降雨林帯に自生が見られる。本種は所謂着生植物であり、一度他の樹木に着生し、やがて、自身の根を地に下ろし自立を初め、樹高は12~15mにも及ぶという。葉は、形状は個体差があるが、長さ45㎝、幅30㎝程度の大形の葉で、枝に互生する。葉は、革質で、全縁、鈍頭であるが、葉縁は緩やかに波を打つ。本種は、葉の中央部で括れを見せることから、学名の種小名にも古代ギリシャで用いられた小形の琴(Lyra)の名がみられるが、種小名や中国名の所以となっている。因みに、英名ではFiddle-leafとしてヴァイオリンに見立てている。果実は、径2.5~3㎝程度のイチジク形である。近年、我が国の園芸界では観葉植物として流通を見ている。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考