←トップ頁へ

和名 フィークス・ピリフォルミス
撮影者:千葉県 三浦久美子様                   
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は、葉裏に綿毛を持つゴムノキであることから。/属名は、イチジクのラテン古名。/種小名は「洋ナシ形の」の意。
学名 Ficus pyriformis
英名
仏名
独名 撮影地:筑波実験植物園
伊名
西名
葡名
漢名 舶梨榕
植物分類 クワ科フィークス(イチジク)属
園芸分類 常緑低木
用途 薬用
原産地 中国(広東省・福建省・広西チワン族自治区・海南省・湖南省)・ヴェトナム
花言葉   
解説 フィークス・ピリフォルミスは、クワ科の常緑低木である。本種は、原産地の項に記した地の森林地帯で、概して渓流沿いの比較的湿潤な地域に自生が見られる。樹高は1~2m程度となる。葉は長さ4~11㎝、2~4㎝程度の線状楕円形で、縁部は全縁、先端部は鋭頭、基部では葉柄に連なり枝に互生する。本種は若枝、葉柄、葉裏に茶褐色の粗毛が密生し、やがて白色へと変化する。葉質は薄く、表面には光沢がある。12~6月頃、掲載した写真に見られるような痩果をつける。 
履歴 我が国への渡来時期不詳。  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考