←トップ頁へ

検索名  フィークス・ヒスピダ
和名 タイセイイチジク
漢字表記 対生無花果
別名・異名 フィークス・ヒスピダ、マドゥア・プローン(タイの現地名)
古名
語源 和名は、葉が対生するイチジクの意。/属名は、イチジクに対するラテン古名から。/種小名は「剛毛のある」の意。
学名 Ficus hispida
英名 Opposite leaf fig,
Rough-leaved stem-fig
仏名
独名 撮影地:タイ
伊名 National Hot strem park
西名
葡名
漢名  対葉榕、牛乳樹  撮影者:東京都 中村利治様
泰名  มะเดื่อปล้อง,เดื่อปล้อง
植物分類 クワ科イチジク属
園芸分類 落葉小高木
用途 招鳥樹、薬用(葉・根)、飼料(葉)
原産地 台湾、中国、印度、ミャンマー、パキスタン~東南アジア、ニューギニア、オーストラリア
花言葉
解説 タイセイイチジクはクワ科の常緑樹である。原産地の項に記した地の標高1200m以下の森林に自生する樹木である。樹高は10m程度に。枝には剛毛が密生する。長さ1~10㎝程度の葉柄の先に長さ10~25㎝、幅5~10㎝で倒卵形~楕円形の葉を対生する。葉の表面には光沢があり、縁部は全縁、先端部は鋭頭となる。5~7月頃、隠頭花序を花序を幹生する。果実は径2.5㎝程度の球状で黄熟する。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考