←トップ頁へ

検索名 フィークス・ヒルタ
 茨城県立植物園にて
和名 ムクゲゴム
漢字表記 尨毛護謨
別名・異名 フィカス・ヒルタ
古名
語源 和名は、葉裏に綿毛を持つゴムノキであることから。/属名は、イチジクのラテン古名。/種小名は「有毛の」の意。Ficus hirta
学名
英名 Hairy fig,Hairy mountain fig
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 粗葉榕、黄毛榕
植物分類 クワ科フィークス(イチジク)属
園芸分類 常緑小高木
用途 路地植え(温室栽培)/鉢植え(観葉植物) 
原産地 中国、ネパール、インドネシア  
花言葉     
解説 ムクゲゴムは、クワ科の常緑高木である。最大樹高がどの程度になるかについては、不詳。灌木状と言うことなので、2m前後程度と推測される。葉は長さ20~30㎝程度の楕円状で、全縁、鋭頭、枝に互生する。本種は若枝、葉柄、葉裏に茶褐色の粗毛が密生し、やがて白色へと変化する。葉質は薄く、表面には光沢がある。 
履歴 我が国への渡来時期不詳。  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考