←トップ頁へ

検索名  フィークス・アウリキュラータ   
和名 オオバイチジク
撮影者:東京都 中村利治様
漢字表記 大葉無花果
別名・異名 フィークス・アウリキュラータ/マドゥア・ワー(タイ語名)/ドゥア・ワー(タイ語名)
古名
語源 和名は、大葉のイチジクの意から。/属名は、イチジクに対するラテン古名から。/種小名は「耳形の、耳状の」の意。
学名 Ficus auriculata(=Ficus roxbrughii)
英名 Roxburgh fig,
Indian big leaf fig,
Elephant ear fig
仏名
独名
伊名 撮影地:タイ・ホアヒン
西名
葡名
漢名 大果榕・大瓜榕
泰名  มะเดื่อหว้า,เดื่อหว้า 
植物分類 クワ科イチジク属
園芸分類 常緑高木
用途 街路樹/防風樹/緑肥・飼料(葉・枝)
原産地 中国・印度・ネパール・東南アジア
花言葉  
解説 オオバイチジクは、クワ科の常緑樹である。樹高は3~10m程度。茎上部で枝が斜上するので、大きな樹冠を構成する。葉の長さは、15~35㎝程度の広倒卵形~長楕円形で、縁部は全縁、先端部は円頭~幾分尖り、基部は太い葉柄に連なり枝に互生する。果実は、径3~5㎝程度のイチジクに似た果実で暗赤色に熟す。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考