←トップ頁へ

検索名 ファッツヘデラ
和名 ツタヤツデ
漢字表記 蔦八手
別名・異名 ファッツヘデラ/ハトス/ハトスヘデラ/ファトス/ファトスヘデラ
古名   
語源 和名は、本種がセイヨウイキヅタヤツデとの交雑種であることから。/属名もFatsia(=ヤツデ)とHedera(=セイヨウキヅタ)の合成語である。
学名 × Fatshedera lizei
英名 Tree ivy,Aralia ivy         
仏名 Aralie-lierre            
独名 Efeuaralie              
伊名 Falsa edera            
西名 Fasedera、Hiedra aralia     
葡名 Alta-luz áreas          
漢名 熊掌木       
植物分類 ウコギ科ツタヤツデ属
園芸分類 半蔓性常緑低木
用途 鉢植え
原産地 フランスで作出された園芸品種
花言葉                   
解説 ツタヤツデは、ウコギ科の半常緑樹である。「語源」や「履歴」の項にも記述したが、本種は、ヤツデセイヨウキヅタという属を超えた二つの植物の交雑によって得られた園芸植物である。そこで、和名も、属名も両者の名前の合成によって命名されている。樹高は1.5m程度に。葉は掌状に3,5,7中裂する。葉幅は10~20㎝程度。若葉には茶褐色の短毛が見られるが、だが成長した葉は、全縁で、無毛、革質、表面には光沢のある濃緑色をしている。葉柄は長く、茎には互生してつく。11月頃、葉腋から円錐花序を出し、花柄の先に散形花房を30~40個つけるが結実は見られない。生長は非常に遅い。ツタヤツデには、濃緑色の葉を見せるタイプと斑入り葉とがある。
履歴 ヤツデ(Fatsia japonica)の園芸品種モモリーとセイヨウキヅタの変種ヘデラ・ヘリクス・ヒベルニカ(Hedera helix var. hibernica)との交雑によりフランスで1911年に作出されている。/我が国へは1957年に導入されている。
県花・国花                  
古典1                  
古典2                    
季語                    
備考