←トップ頁へ

和名 ファレリア・オクタンドラ
撮影者:東京都 中村利治様

撮影地:筑波実験植物園
漢字表記
別名・異名
古名   
語源 和名は学名の音読みから。/属名はギリシャ語のphalaros(=白いパッチ<Patch>を持った)とphalos(=明るい白色の)の合成語から。/種小名は「8雄蘂のある」の意。
学名 Phaleria octandra
英名 Dwarf phaleria       
仏名        
独名           
伊名
西名     
葡名    
漢名 花法菜   
植物分類 ジンチョウゲ科ファレリア属
園芸分類 常緑低木
用途 路地植え/鉢植え
原産地 ニューギニアからオーストラリア
花言葉                   
解説 ファレリア・オクタンドラは、ジンチョウゲ科の常緑樹である。樹高は1~2m程度に。葉は革質の長さ7~23㎝、幅2~10㎝の楕円形で、全縁、鋭頭で、枝に対生する。10~2月頃、葉腋から散形花序を出し、白色の筒状花を多数(8~25個)つける。花筒の長さは5㎝程度で花冠は4裂する。学名にも示されているが雄蘂が8本渦巻き状に配置され、花冠より突き出る。花後の果実は径1㎝程度で先端部が尖った球形で赤熟する。果実には、2個の種子が内包される。
履歴
県花・国花                  
古典1                  
古典2                       
季語                    
備考