←トップ頁へ

検索名 ブットウカ(仏頭果)
撮影者:東京都 中村利治様↑
撮影者:GKZ↓

↑とちぎ花センターにて↓

撮影者:千葉県 三浦久美子様↓

和名 バンレイシ
漢字表記 蕃茘枝
別名・異名 シャカトウ(釈迦頭)
ブットウカ(仏頭果)
バンリ(蕃梨)
古名 筑波実験植物園にて
語源 和名は、漢名の音読みから。
別名
のシャカトウは、果実の突起が仏像の頭や釈迦像を連想させることから。
属名は、ラテン語からで「一年中採れる」の意。
種小名は「鱗片の多い」の意。
学名 Annona squamosa L.
英名 Sugar Apple
Sweet Sop
仏名 pomme-cannelle
独名
伊名
西名 Anón,Riñón,Anona,Saramuyo
葡名 fruta de conda
漢名 蕃茘枝
植物分類 バンレイシ科バンレイシ属
園芸分類 半落葉性小高木
用途 食用
原産地 熱帯アメリカ
花言葉 ジェラシー・羨望
解説 バンレイシは、バンレイシ科の半落葉性高木である。台湾以南の熱帯地方で栽培されている果物である。花は葉腋につき、黄緑色。大型の3枚の外弁と小型の3枚の内弁とを有す。果実は集合果で、野球のボール大となる。初め緑色であるが、熟すと紫色に変化する。果肉は軟らかく、甘味・芳香共に強い。生食とするがシャーベットに入れたりもする。果汁は発酵飲料に用いたりもする。
履歴 渡来時期不詳。
県花・国花
古典1 撮影地:埼玉園芸植物園→
古典2
季語
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
23 195 「珍果ポーポー」