←トップ頁へ

検索名  ブテア・モノスペルマ  
和名 ハナモツヤクノキ       撮影者:東京都 中村利治様
漢字表記 花没薬樹
別名・異名 トーン・クワーオ(タイ語名)/ブテア・モノスペルマ
古名 撮影地:タイ・カオヤイ
語源 和名は、本種はラックカイガラムシの宿主となるが、この虫から得られる赤色の染料を「花没薬」と呼ばれ、西洋社会でも高い評価を得てきていることから、花没薬を得る樹木の意ではなかろうかと推測される。/属名は、イギリスの首相だったJohn Stuart, 3rd Earl of Buteへの献名。/種小名は「単種子の」の意。
学名 Butea monosperma          撮影地:タイ・ルンピニー公園↓
英名 Flame of the forest,
Bengal kino,Bastard teak、
Parrot tree 
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 紫礦
泰名  ทองกวาว 
植物分類 マメ科ビューテア属
園芸分類 落葉高木
用途 庭木/公園樹/街路樹/染料/薬用/駆虫剤/用材(建築)/燃料
原産地 インド~熱帯アジア
花言葉
解説 ハナモツヤクノキはマメ科の落葉樹である。樹高は10~15m程度に。葉は、3出複葉で、小葉は厚味があり、しなやかで、幅10~20㎝程度の菱形状卵形で、全縁、鋭頭となる。葉の表面には光沢がある。葉裏は葉灰白色となる。葉には繊細な毛細が密生する。開花期は2~3月頃で、日本でのウメの場合のように、本種はインドでは春を告げる花とされる。花は径3~5㎝程度でマメ科特有の蝶形花であり、花弁の中でも最下竜骨弁が反り返り、ちょうどオウムの嘴のようにも見えるので、英名ではParrot treeとも呼ばれる。花色はオレンジ色~赤色で、葉の展開前に一斉に開花し、その様子が火炎のようにも見えることから、英名では、Flame of the forestとも呼ばれる。花は、枝先の葉腋から出た短い総状花序につく。花後には長さ12~20㎝程度の莢果をつけ、中に1個の種子を持つ。   
履歴 ヒンドゥー教では成木とされ、各種宗教儀式には本種が用いられる。本種は3出複葉であるが、この3個の小葉を、左側の小葉をヒンドゥー教の主要三神ブラフマー(創造神)に、中央の小葉をヴィシュヌ(世界維持神)に、右側の小葉をヘーシュヴァラ(破壊と再生の神シヴァ)に、それぞれ象徴すると見なしている。  
県花・国花 タイ王国:チェンマイ・ウドンターニー両県の県木 
古典1  
古典2  
季語  
備考