←トップ頁へ

 検索名 ブッシュ・ローズ  
和名 モトレカ   撮影者:愛媛県 日原由紀子様
漢字表記
別名・異名 ユーカリプトゥス・マクロカルパ/ブッシュ・ローズ/モトルセア 
古名
語源 和名は、原産地オーストラリアの現地名(オーストラリア先住民であるアボリジニの本種に対する呼び名)から。/属名はギリシャ語のeu(=良く)kalptos(=蓋をする、覆う)の合成語からで「よく覆う」の意。花弁と萼とが癒合したもの(開花時には落下してしまう)で蕾時には覆われていることから。/種小名は「大きな果実の」の意。
学名 Eucalyptus macrocarpa
英名 Mottlecah,Mottleceae,
Bush rose,Blue bush
仏名
独名
伊名 撮影地:オーストラリア・パース
西名 キングス・パーク
葡名
漢名 大果桉樹
植物分類 フトモモ科ユーカリノキ属
園芸分類 常緑高木   
用途 庭木/薬用/切り花
原産地 オーストラリア
花言葉 思い出
解説 モトレカはフトモモ科の常緑樹である。樹高は1~5m程度まで。葉は銀灰色で、長さ10~12㎝、幅8㎝程度の三角状楕円状で、縁部は全縁、先端部は尖り、基部は無柄で枝を抱く。原産地では初春~初冬に、枝先の葉腋に総状に多数の花をつける。花は、語源の項に記したように蕾時には大きなキャップで覆われ、開花時に蓋が割れて落下し、花が現れる。花は径10㎝以上もの大きさで、花弁は持たず、多数の雄蘂と1個の雌蘂とで構成される。花後の堅果は径8㎝程度の半球形である。オーストラリア特有の山火事等の後に堅果が開いて種子が放出される。 
履歴
県花・国花
古典1
古典2  
季語  
備考