←トップ頁へ

和名jp ブシュカン
撮影:GKZ/沖縄ワールド:熱帯果樹園↑
撮影者:千葉県 三浦久美子様↓

撮影地:富山中央植物園↑
撮影:GKZ/とちぎ花センター↓
漢字表記 彿手柑
別名・異名
other name
古名old name
語源
etymology
和名は、果実の形が仏像の垂れた手の先に見立てたことから
属名は、ギリシャ語のkitoron(=箱)を語源とし、レモンの木に対するギリシャ古名。
変種名は「肉質で指状の」の意。
学名sn Citrus medica var. sarcodactylus
英名en Fingered Citron
Buddha's hand
仏名fr
独名de
伊名it
西名ws    
葡名pt  
漢名ch 枸櫞
佛手柑
植物分類 ミカン科ミカン属
園芸分類 常緑小高木
用途use 庭木/鉢植え
原産地
distribution
インド
花言葉 美しい性質
解説
description
ブシュカンはミカン科の常緑樹である。樹高2.5㍍程度。枝は多く、刺は短く堅い。初夏に梢の葉腋に円錐花序を出して白色の5弁花を見せる。果実は冬になり、黄色く熟して、形は長く、基部は円形、上部は分裂してちょうど10本の指を並べたような妙な形状を示す。
履歴
県花・国花
古典1 『蕪村句集』
古典2 『本草和名』、『大和本草』、『和漢三歳図会』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』
季語 夏(花)/冬(実)
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
5 48 「ててんくん」