←トップ頁へ

検索名 ブルグマンシア・ウェルシコロル
和名 キダチチョウセンアサガオ
撮影:GKZ/拙庭にて


撮影者:東京都 山口米子様↓
  撮影地:京都府立植物園↑
漢字表記 木立朝鮮朝顔
別名・異名 ブルグマンシア・ウェルシコロル
エンジェルス・トランペット
ダツラ※備考欄参照
古名
語源 和名は、木本性であり、外来種であり、アサガオ形の花を見せることから。
属名は、18世紀ドイツ人自然科学者でライデン大学教授Sebald Jastin Brumansへの献名。
種小名は「花色の変化する」の意。
学名 Brugmansia versicolor
英名 Angel's trumpet
仏名 Trompette des anges
独名 Engelstrompet
伊名 Campana
西名 Datura arborea
葡名 Trombeta de Anjo
漢名 橙花曼荼羅
植物分類 ナス科キダチチョウセンアサガオ属
園芸分類 半耐寒性常緑低木
用途 路地植え/鉢植え
原産地 ブラジル~エクアドル
花言葉 愛敬・偽りの魅力・愛嬌・変装
解説 キダチチョウセンアサガオは、ナス科の半耐寒性常緑樹である。樹高は1~3m程度となる。葉は長さ20~30㎝、幅10~15㎝程度の楕円形で、縁部には鋸歯があり、先端部は尖り、基部では長い葉柄に連なり枝に互生する。9~11月頃、トランペット型の大型の花を下垂させる。花は、径25~30㎝、長さ30~50㎝と大型で下向きに開花する。花冠は5裂し、花色は白・淡黄色・濃黄色・橙色・桃色・紫色と多彩である。本種は、和名よりも、英名からのAngel's trumpetの名で流通している。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考 本種は、かつてチョウセンアサガオ属(Datura)に分類されていたために、我が国の園芸界では「ダツラ」の名でも流通を見ている。