←トップ頁へ

検索名  ブルーセージ   
和名 ルリハナガサ
漢字表記 瑠璃花笠
別名・異名 ブルーセージ/エランテムム・プルケルム
古名
語源 和名の花色並びに花型から。/属名はギリシャ語のer(=春)とanthus(=花)の合成語から。/種小名は「美しい」の意。
学名 Eranthemum pulchellum
英名 Blue eranthemumu,Blue sage とちぎ花センターにて↑
仏名 Éranthème gracieux
独名
伊名
西名 Erantemun
葡名 Camarão-azul
漢名 可愛花、藍花仔
植物分類 キツネノマゴ科エランテムム属
園芸分類 常緑小低木
用途 路地植え/鉢植え/薬用(葉)
原産地 インド・マレーシア・フィリピン
花言葉 可憐の極致 ↓宇都宮市:ロマンチック村にて↑
解説 ルリハナガサは、キツネノマゴ科の常緑樹である。樹高は1から2m程度に。葉は長さ5~7㎝、幅2~3㎝の楕円形で葉縁には細鋸歯があり、先端は鋭頭で、枝に対生する。12~2月頃、枝先に多数の苞に包まれた穂状の花序を出し、径2㎝程度で青紫色の小花を多数つける。花は筒状花で花冠は5裂する。              
履歴 我が国へは明治期に渡来している。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考