←トップ頁へ

検索名 ブルーセージ  
和名jp サルビア・クレベランディ  
漢字表記  
別名・異名
other name 
 ブルーセージ
クレベランドセージ
サンディエゴセージ
ジムセージ
古名
old name 
 
語源
etymology
和名は、学名の音読みから。
属名は、ラテン語のsalvare(=治癒する)に由来し、この属には薬草として用いられる植物が多いため。
種小名は、19世紀アメリカ人植物蒐集家のDaniel Cleavelandへの献名。 
学名sn Salvia clevelandii
撮影者:中村利治様
英名en Cleveland Sage, Blue Sage
仏名fr
独名de
伊名it 撮影地:夢の島熱帯植物館
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 シソ科アキギリ属
園芸分類 常緑低木
用途use 路地植え/鉢植え/ポプリ/香料
原産地
distribution
アメリカ・カリフォルニア
花言葉  
解説
description
サルビア・クレベランディはシソ科の常緑セージである。樹高は0.5~1m程度。茎・葉はシルバー・グレーの狭楕円状で茎に対生する。葉は幾分厚味があり、先端は丸く、縁には粒状の凹凸が鋸歯状となっている。葉には甘い感じの強い香りがある。6~7月頃、茎の途中にリング状に取り巻きながら、数段に花序をつけ青紫色の唇状花をつける。花序の付き方は、丁度ダンギクと同じような形となる。 
履歴 我が国への渡来時期不詳。 
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考