←トップ頁へ

検索名  ブルー・ラグ  
和名 アメリカ・ハイネズ’ウィルトニー’
漢字表記 亜米利加這杜松’ウィルトニー’’
別名・異名 ユニペルス・ホリゾンタリス’ウィルトニー’/ウィルトニー/ブルー・ラグ
古名
語源 和名は、英名から。/属名については、ラテン古名であるが、由来・語源不詳。/種小名は「水平の」の意。/品種名は本種を世に紹介し広めたアメリカのウィルトン種苗商の名に因んでいる。
学名 Juniperus horizontalis 'wiltonii'
英名 Blue rug Juniper,
Wilton carpet Juniper
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 威爾頓'平枝圓柏
植物分類 ヒノキ科ネズミサシ属
園芸分類 常緑小低木
用途 グランドカバー/盆栽
原産地 アメリカ西部
 花言葉    都立美術館庭園にて
解説 アメリカハイネズ’ウィルトニー’は、ヒノキ科の匍匐性常緑樹である。本種はアメリカハイネズの1品種である。樹高は40~50㎝前後程度に。中心部はほとんど立ち上がらず、枝は横方向に放射状に数m広がる。鱗葉は、青味を帯びた緑色で、裏面は灰白色である。葉は、冬季には赤紫や青銅色に変わる。葉の先端は尖りを見せ、触れると痛さを感じる。枝葉は非常に緻密なカーペット状に地表を覆う。球果は0.5~1㎝程度の球果で、青みを帯びた黒色である。雌雄異株。本種は、庭園のグランドカヴァー用の代表的なコニファーであるが、中心部に支柱を立てて枝葉を下垂させる方式も撮られる。
履歴 本種はアメリカのパイナルヘヴン島で発見され、アメリカの種苗商ウィルトン紹介が発表し、広く普及を見ている。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考