←トップ頁へ

検索名  ブルーベル・クリーパー  
和名 ヒメツリガネ  
漢字表記 姫釣鐘  
別名・異名 ブルーベル・クリーパー/オーストラリアン・ブルーベル/ビラルディエラ・ヘテロフィラ/ソリャ・ヘテロフィラ/ソリャ 
古名  
語源 和名は、花姿からの命名。/属名は、フランス人植物学者Jacques-Julian Houton de Labillardiéreへの献名。/種小名は「風数の異なる葉を持った」の意。
学名 Billardiera heterophylla(=Sollya heterophylla)
英名 Bluebell creeper,
Australian bluebell
仏名
独名
伊名 撮影地:オーストラリア・パース
西名 キングス・パーク
葡名
漢名
植物分類 トベラ科ビラルディエラ属(←ソリャ属)
園芸分類 蔓性常緑低木
用途 路地植え/鉢植え
原産地 オーストラリア
花言葉  撮影者:愛媛県 日原由紀子様
解説 ヒメツリガネはトベラ科の常緑樹である。本種を含むビラルディエラ(Bilardiera)属は全部で25種あるが、すべてオーストラリア大陸に自生する。本種は、その中で、オーストラリア西南部の沿海地に自生の見られる灌木である。本種は、上部で分枝をし、他物に絡みつくことがある。樹高は1m前後程度となる。葉は明るい緑色で、長さ5㎝程度となる楕円形~広楕円形で、枝に互生する。葉の縁部は全縁、先端部は幾分尖り、基部には短い葉柄がつく。夏場に、枝先の葉腋から散形花序を出し、長さ1㎝程度で淡桃青紫色の鐘形花を下垂する。花は概して1箇所に4個を下垂する。花後の果実は、長さ2㎝程度の円筒形で灰青色に熟す。 
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考