←トップ頁へ

和名 ブリデリア・レツーサ
漢字表記
別名・異名 テン・ナーム(タイ語名)
古名
語源 和名は、学名の音読みから。/属名はスイスの植物学者Samuel Elisée Bridel-Bridelへの献名。/種小名は、「微凹形の」の意。
学名 Bridelia retusa
英名  Spinous kino tree   撮影者:東京都 中村利治様
仏名
独名
伊名 撮影地:タイ・ワットポー
西名
葡名
漢名 大葉土蜜樹
泰名  เต็งหนาม
植物分類 コミカンソウ科(←トウダイグサ科)マルヤマカンコノキ属
園芸分類 落葉高木
用途 薬用(樹皮)/飼料(葉)/薪材
原産地 中国、バングラデシュ、ネパール、インド、スリランカ、インドシナ半島、スマトラ島
花言葉
解説 ブリデリア・レツーサはコミカンソウ科(←トウダイグサ科)の落葉樹である。樹高は15m程度に。幹の周囲には鋭い刺が多数突出している。葉は、長さ5~25㎝程度の楕円形~披針形で、縁部は全縁、先端部は鈍頭~鋭頭で、枝に互生する。葉の縁部は緩やかに波を打ち、表面には光沢がある。葉質は薄い革質である。雌雄同株。5~6月頃、枝先に総状花序を出し、淡黄色で5弁の小花を多数つける。雌花序は、雄花序よりも下につき、茶色い萼片の上に緑色5弁の小花をつける。花後には、径5~10㎜程度で球形の蒴果をつけ、7~9月頃に黒紫色に熟す。 
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考