←トップ頁へ

検索名  ブライヤ  
和名jp エイジュ 撮影者:ポルトガル在住 武本比登志/睦子様

撮影地:ポルトガル・ベイラ地方 
漢字表記 栄樹
別名・異名
other name
エリカ・アルボレア
ブライヤ
古名
old name
語源
etymology
和名の語源不詳。(エリカ属の中で、本種は特に樹高が高くなり、良く分枝もすることからではなかろうか?)
属名はギリシャ語で「砕く」の意のエレイケーに由来している。かつて、エリカが胆石を砕く薬効を持つと信じられていたことによる。別の説では、ギリシャ語のeric(=ほうき)が語源であり、箒をこの属の植物で作ったことからと言う。
種小名は「高木の」の意。
学名sn Erica arborea
英名en Tree heath
Giant heath
Briar
仏名fr Bruyère arborescente
Bruyère blanche
Bruyère en arbre
独名de Baumheide
伊名it Erica arborea
西名es Brezo arbóreo
Brezo
Brezo blanco
葡名pt Urze-molar
Betouro
Urze-branca
漢名ch 白鴎石楠
植物分類 ツツジ科エリカ属
園芸分類  常緑低木 
用途use  路地植え/鉢植え/喫煙用パイプ(根)/用材(壁材・ストーブの壁面材)/招蜂樹
原産地 
distribution
ヨーロッパ(中央~東~南)~カナリア諸島~北アフリカ
花言葉 孤独
解説
description
エイジュはツツジ科の常緑樹である。本種の属するエリカ属の樹木は概して樹高が50㎝前後程度の灌木が多い中で、本種は樹高が最大で7m程度にも及ぶと言う。そこで、英名ではTree heath或いはGiant heathと呼ばれている。茎は直立し、一般的な本種の樹高は1~4m程度である。根は英名ではBriar rootと呼ばれ、喫煙用のパイプが作られるが、高級品として扱われる。本種は、良くぶんしをするが、若枝の周囲は白色の短細毛で覆われている。葉は表面に強い光沢のある濃緑色、幾分厚味がある線形で、両側の縁部が外方に反り返るために丸味を帯びて見える。葉裏が白色のため、裏側は白色の条紋が走るようにも見える。葉は、3個が枝に輪生する。3~5月頃、枝先の葉腋から散形花序を出し、径5㎜程度で壺形の小花を3個ずつ下垂する。本種は、採蜜樹としても有用樹であり、材質がとても固いのでストーブの壁面材等としても用いられてきている。
履歴 本種は、オーストラリアでは帰化状態にある。
県花・国花
古典1
古典2
季語 春(エリカ)
備考