←トップ頁へ

検索名  ブラシノキ(刷子樹)   
和名 キンポウジュ
撮影:GKZ/館林市:つつじが岡公園内

撮影者:千葉県 三浦久美子様↓

撮影地:咲くやこの花館↑
  撮影地:新宿御苑↑
漢字表記 金宝樹
別名・異名 カリステモン・スペキオサ
ブラシノキ(刷子樹)
古名
語源 和名は、瓶洗い用のブラシに花形が似ていることから。
属名は、ギリシャ語で「美しい雄蕊」の意。
種小名は、「美しい、華やかな」の意。
学名 Callistemon speciosus
英名 Bottle Brush
仏名  RInce-bouteilles,
Plante goupillon
独名 Zylinderputzer
伊名 Callistemon
西名 Callistemon,
Limpiatubos,
Metrosideo
葡名 Callistemon
漢名 紅千層
植物分類 フトモモ科マキバブラシノキ属
園芸分類 常緑低木
用途 庭木/鉢植え/花材
原産地 オーストラリア
花言葉 儚い恋
解説 ブラシノキは、フトモモ科の常緑樹である。樹高は2~3m程度に。葉は革質で細長い。全体的に赤く花のように見えるのは、実際には雄蘂であり、萼と花弁はとても小さく開花後直ぐに脱落してしまう。花後の蒴果が枝の周りの残るが、これは数年間残っている。
履歴 我が国へは、明治の中頃に渡来している。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考