←トップ頁へ

和名 ブラジルマツ
撮影:GKZ/群馬緑化センター


撮影者:千葉県 三浦久美子様↓
 
漢字表記 伯剌西爾松
別名・異名 パラナマツ(パラナ松)
古名 
語源 和名は、ブラジル産のマツの意。
別名のパラナマツは、パラナ州に多く自生が見られることから。
属名はチリ・パタゴニアのアラウカニ族の名に因んでいる。
種小名は「細葉の」の意。
学名 Araucaria angustifolia O.Kuntze
英名  parana pine 
仏名  Pin du Paraná 
独名 Brasilianische Araukarie
伊名
西名 pino paraná
葡名 pinheiro-do-paraná
漢名 巴西南洋杉
植物分類 ナンヨウスギ科ナンヨウスギ属
園芸分類 常緑高木
用途 路地植え/用材(建築・家具・船材)/食用(実)
原産地 ブラジル/アルゼンチン/パラグアイ
花言葉
解説 ブラジルマツは、ナンヨウスギ科の常緑樹である。葉は淡緑色で、細長い二等辺三角形のような形状で、披針形。先端は鋭く尖る。材が緻密で、堅くと強いので、原産地では高級な建築材とされる。ただし、非常に成長が遅いため、年々減少の一途を辿っているという。中生代に地上を覆っていた針葉樹の生き残りとも言われている。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1 撮影地:大阪市立大学植物園
古典2
季語
備考