←トップ頁へ

検索名  ブラジリアン・スナップドラゴン  
和名 オタカンサス   撮影者:東京都 中村利治様
漢字表記
別名・異名 ブルー・キャッツ・アイ/ブラジリアン・スナップドラゴン/アマゾン・ブルー
古名 タイ・サムイ島にて→
語源 和名は、萼英の音読みから。/属名は、ギリシャ語のotos(=耳)とakantha(=刺)の合成語から。/種小名は、「空青色の」の意。
学名 Otacanthus azureus(=Otacanthus caeruleus)
英名 Brazilian snapdragon
Blue cat's eye,
Amazon blue
仏名 Zerbe cirage
独名 Atlantis
伊名 Bocca di leoone Brasiliana
西名
葡名 Erva-copaíba
漢名 藍金花、藍鯨花、藍晶花
植物分類 オオバコ科(←ゴマノハグサ科)オタカンサス属
園芸分類 常緑低木
用途 路地植え/鉢植え/精油/薬用
原産地 ブラジル 撮影地:シンガポール↑
花言葉 気移り タイ・チャン島にて↓
解説 オタカンサスはオオバコ科(←ゴマノハグサ科)の常緑樹である。茎は直立し、よく分枝する。樹高は50~100㎝程度。葉は長楕円形で、縁部は粗い鋸歯があり、先端部は尖り、基部は茎を抱き茎に対生する。本種の葉には樟脳に似た芳香がある。8~10月頃、茎上部の葉腋に径3㎝程度で青紫色の2唇形の花をつける。花弁の基部には白色の模様が入る。我が国の園芸界では「ブルー・キャッツアイ」の名で流通している。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考