←トップ頁へ

検索名  ブンナーク(タイ語名)   
和名 セイロンテツボク
撮影者:千葉県 三浦久美子様
漢字表記 錫蘭鉄木
別名・異名 ブンナーク(タイ語名)
古名
語源 和名は、英名の直訳から。
属名は、ヒンディー語から。
種小名は「鉄の」の意。
学名 Mesua ferrea
英名 Ceylon ironwood
Indian rose chestnut
Cobra's saffron
Nag champa
Nagkeshar
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 鉄力木
泰名  บุนนาค 
植物分類 フクギ科(←テリハボク科)テツザイノキ属
園芸分類 常緑高木
用途 庭園樹・寺院樹(暖地)/薬用(花・蕾)/香料(花)/用材(建材・枕木・彫刻・銃床)/採油(果実)
原産地 中国・スリランカ・インド・ミャンマー・タイ・フィリピン・マレーシア・スマトラ・インドネシア
花言葉 純潔/清浄
解説 セイロンテツボクは、フクギ科(←テリハボク科)の常緑樹である。樹高は15~30m程度となる。樹皮は暗灰色を帯びた茶色で、浅い亀裂が入り、薄片状となる。樹皮を傷つけると、芳香のある白色樹脂を出す。本種の材は、最も重い木として知られる。葉は長さ6~10㎝、幅2~4㎝程度で、縁部は全縁、先端部は尖り、基部では葉柄に連なり対生する。若葉は赤色となる。3~5月頃、枝先の葉腋に径8㎝程度と白色4弁の花を付ける。開花時には強い芳香を放つ。花後には径3㎝程度でほぼ球形の果実を付ける。掲載した写真は、花では無く出芽である。
履歴 タイ・ピチット県の県花
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考