←トップ頁へ

和名 ブンカンカ
撮影者:千葉県 三浦久美子様


撮影地:筑波実験植物園
漢字表記 文冠果
別名・異名 キサントケラス・ソルビフォリウム
古名
語源 和名は、漢名の音読みから。
属名は、ギリシャ語のxanto(=黄色)とceras(=角)の合成語から。花弁と蘂との間に角状に突き出た腺があることから。
種小名は「ナナカマド属のような葉の」の意。
学名 Xanthoceras Sorbifolium
英名 Yellowhorn,
Chinese flowering chestnut
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 文冠果
植物分類 ムクロジ科ブンカンカ属(1属1種)
園芸分類 落葉高木
用途 薬用/食用(搾油)
原産地 朝鮮半島/中国東北部/モンゴル
花言葉
解説 ブンカンカは、ムクロジ科の落葉樹である。樹高は8m程度まで。葉は羽状複葉で、若枝や葉柄には白毛が見られる。4~5月頃、写真に見られるような花を見せるが、咲き始めは、花弁の基部は淡緑色、その後黄色から紅色へと変化するという。花後の蒴果の中には径1㎝程度の種子が黒熟する。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考